活動報告詳細

更新日:令和06年2月11日

『資本論』学習会

札幌市西区山の手6条6丁目5-20-406
TEL.080-4509-7767

1月からは、第5章第1節「労働過程」に入りました。

いよいよ人間の労働が価値を増殖させる、剰余価値を生み出す過程の検討に入ります。
資本家は購入した労働力からいかにして価値を増殖するのかです。
まずは、そもそも「労働する」という事はどういうことかから始まります。
人間は自然の中で、まったく無防備で、自らを守るものも何もなく生まれてきます。動物のような毛皮も牙も鋭い爪も持っていません。木登りも得意ではありませんし、人間より早く走る動物はいくらでもいます。
人間はその本質から、自然に働きかけて自らの手足の延長となる武器、つまり道具を作りださねばならなかったのです。人間が「働く」という事は、自然に働きかけることであり、そのことは人間という生物が生きていく本質と言えるでしょう。
そしてその「労働」が人間を発達させ、言葉を生み出し、文明・文化を作り上げることになるのです。
という前置きから、労働のメカニズム等の考察が始まります。

レジュメは、下記リンクから。全部(資料込み)で12頁のPDFです。↓
https://drive.google.com/file/d/12GntVopUiDGcwAVY5erG2OfZOKHvQRqi/view?usp=sharing
参考にレジュメの1-2頁を画像1,2に掲載しています。
2月の学習会は、24日土曜日午後2時から午後4時半まで、札幌エルプラザ4階研修室にて開催します。
新しく第5章、1月の続きを読んでいきます。
ふるってご参加ください。どなたでも大歓迎です。
なんかタイトル
  • 活動報告の画像1
  • 活動報告の画像2

活動報告概要

開催日時 令和06年1月27日(土)   14:00~16:30
場所

札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ 3階 音楽室

外部リンク https://www.facebook.com/SappDasKapital

お問合せ

住所 札幌市
TEL 080-4509-7767
FAX
E-mail SappDasKapital@gmail.com
担当 なすかわ