団体詳細

市民活動サポートセンター登録団体

経済学を学ぶ会

活動PR

当会は1回無料で受講体験が可能です。メディアで話題の消費税・憲法・一般の問題もテーマに取り上げ、唐渡興宣先生(北大名誉教授)が講義をしています。雰囲気は大学とちがいフランクです。終了したレジュメはホームページからアクセス出来、年に3回個人文書をまとめた会誌発行もしています。他にはホームページにておすすめ団体へのリンクやブログには会員おすすめのチラシの掲載も常に行っています。URL http://manabukai2013.web.fc2.com/Twitter:@manabukia2012 

現在開催中のイベント

現在募集中の情報

活動報告

  • 団体情報

※下記の情報は団体が入力したものです

団体名称 経済学を学ぶ会
団体名称カナ ケイザイガクヲマナブカイ
団体住所 〒060-0808 札幌市北区北8西3札幌エルプラザ2F市民活動サポートセンター内レターケースNo.235
電話番号 080-9612-0581
ファックス番号
メールアドレス ek02@hotmail.com
ホームページアドレス
代表者氏名 唐渡興宣
代表者役職 講師、主宰者
法人格 なし
設立年月 昭和42年4月
団体活動開始年月日 昭和42年4月
活動分野
  • 保健医療福祉
  • 社会教育
  • まちづくり
  • 観光
  • 農山漁村振興
  • 学術芸術スポーツ
  • 環境保全
  • 災害救援
  • 地域安全
  • 人権・平和
  • 国際協力
  • 男女共同参画
  • 子ども
  • 情報化社会
  • 科学技術
  • 経済活動
  • 職業能力開発等
  • 消費者保護
  • NPO支援
  • 社会教育

  • 学術芸術スポーツ

  • 情報化社会

  • 経済活動

活動目的 ①社会についての批判的視点を経済学を通じて養い、その高い教養を通じて、批判的な社会提言を行ったり、社会貢献活動をおこなう。②様々な社会問題に取り組む人材を養成し、会員の関心のある分野への版権の協力を行う。③経済問題に取り組んでいる他団体との協力を行う。
特に力を入れている活動分野
  • 経済活動

活動地域 札幌市とその近郊の区域程度
キーワード 学術・文化・芸術・スポーツ / 経済・雇用
活動内容 ①毎月1回講師が取り上げた問題を報告に従って討論し、深める学習活動。
②2名の会員が北海道消費者協会、うち1名が消費者センターの相談員としてコンサルティング活動をしている。よりよき消費者の育成、悪徳商法の撃退などの活動。
活動実績 <通常の講義>
毎月第3火曜13:30~16:30pmに唐渡先生(北海道大学名誉教授・経済)の講義があります。
ゼミ形式で行っているので失礼にならない程度に質問が可能です。
<シンポジウム・講演会ついついて>
ゲストは唐渡先生の知人です。
2015年8月:北海道NPO法人・北海道新エネルギー普及促進協会(NEPA)と協力して自然エネルギーの普及をシンポジウムを通じた活動を行いました。
講師は主宰の唐渡先生はじめ、共催の山形定先生(NEPA理事:北大工学部)、鈴木敏正先生(元国際大際教授、北大名誉教授)、高原一俊先生(北海学園名誉教授)。
2016年7月:講演会開催。主宰の唐渡先生と、元ゼミ生の宮田和保先生。スピーチに青年ユニオン佐賀正悟さん、元ゼミ生の平野研さん。
会員制度・状況等 休んだ会員にはレジュメ送付という制度があります。 年間通してみると毎月同じ講義時間のパターンですが、1月は講義&新年昼食会で場所が別です。7月は講義後懇親会を予定。夏には別に講演会&懇親会も予定しており2017年度は9月です。 他に先生の所属団体からのお誘いのフライヤーもあり参加自由です。会員さんからのお茶会の誘いもあります。 等団体では、数人のクラブ的なものもあります。冊子「論集」をつくったり、講義後数人で場所をかえ集ったり、最近では会員さんの要望でリース作りも行いました(会長が某フラワースクールの一級教授の為)。 50年以上続いているので年齢層が上がってきており、施設にご迷惑をかけることもしばしばです。会員さんにはモラルを持つように声かけをしております。
会員数 登録者25人。
常に来ているのは16・7人です。会費は毎月分頂いていますが、仕事、病気で時々しか顔を出せない会員さんには、その時だけ会費を頂くようにしています。
会則・規約の有無

財務情報

過去のイベント

平成29年9月23日(土)
講演会~カリブの真珠キューバ~<経済学を学ぶ会>

過去の募集情報