団体詳細

市民活動サポートセンター登録団体

札幌市社会教育協会

活動PR

超高齢化社会の到来に伴い、高齢者が、その豊富な経験や知識・技術を生かし、
生涯にわたって充実した生活を送ることができるような取り組みが求められています。
そのため、自立した生活を送り、喜びや誇りを感じながら生き甲斐をもって暮らせるよう、
「札幌市高齢者市民講座」は様々なテーマの学びを充実させています。
文学・歴史・哲学・考古学などの教養科目、生き方・健康・生活・時の話題などの科目で
幅広く開講しています。
札幌市保健福祉局・共催、札幌市教育委員会・後援、の講座事業です。
先ずは講座に参加してください、聴講料等の徴収はありません。生き甲斐づくりの場として、あなたも是非参加しませんか!

現在開催中のイベント

現在募集中の情報

活動報告

  • 団体情報

※下記の情報は団体が入力したものです

団体名称 札幌市社会教育協会
団体名称カナ サッポロシシャカイキョウイクキョウカイ
団体住所 札幌市厚別区もみじ台南6丁目7番1号 樋口鎭男 方
電話番号 011-897-1220
ファックス番号 011-897-1220
メールアドレス
ホームページアドレス
代表者氏名 佐久 聰子
代表者役職 代表
法人格 なし
設立年月 昭和54年6月
団体活動開始年月日 昭和54年6月
活動分野
  • 保健医療福祉
  • 社会教育
  • まちづくり
  • 観光
  • 農山漁村振興
  • 学術芸術スポーツ
  • 環境保全
  • 災害救援
  • 地域安全
  • 人権・平和
  • 国際協力
  • 男女共同参画
  • 子ども
  • 情報化社会
  • 科学技術
  • 経済活動
  • 職業能力開発等
  • 消費者保護
  • NPO支援
  • 保健医療福祉

  • 社会教育

  • まちづくり

  • 男女共同参画

  • NPO支援

活動目的 1979(昭和54)年、札幌市が政令指定都市の指定を受けたとき
札幌市高齢者人材活用条例に基づき地域社会に貢献する高齢者団体として創設され、
教養・経験のある高齢者講師を登録して高齢者市民講座を推進し、
生涯学習や地域社会に貢献することを目的に活動しています。
特に力を入れている活動分野
  • 社会教育

活動地域 札幌市内とその近郊の区域程度
キーワード 環境 / 福祉 / 健康・医療 / 学術・文化・芸術・スポーツ
活動内容 ・札幌市保健福祉局・共催、札幌市教育委員会・後援、の講座です。
・札幌市高齢者市民講座を、中央区会場(札幌市社会福祉総合センター)/
 東区会場(東区民 センター)/西区会場(西区民センター)の3会場で、
 月間6講座を開講しています。(90分~60分/1講座)
・外部への講師派遣では、札幌シニア大学をはじめ老人クラブ、各種サークルなどからの
 講師 派遣依頼には積極的に対応しています。
・全てボランティア活動です。
活動実績 【平成29年度札幌市高齢者市民講座の開講状況】
 ・講座聴講者総数:3567名
 ・会員聴講者総数:1919名(聴講率54%)
【会員研修会】
 ・第3次札幌市生涯学習推進構想について
  (講師:札幌市保健福祉局高齢保険福祉部)
【赤い羽根募金活動】
 ・年一回参加
会員制度・状況等 ・月1回の例会サロンで会員に事業推進状況説明報告をします。 ・その後引き続きサロン方式でテーマに添った自由発言等で楽しい和やかな雰囲気での  情報交換を促進して一層の理解と協力を図っています。 ・札幌市高齢者市民講座には、未会員聴講者に先んじて優先的に参加できます。 ・講座会場での椅子テーブル等の設営や受付でできることがあればお手伝い頂きます。 ・講師として、講座で話をすることもできます。 ・事務局/役員として活躍することもできます。 ・年会費は3,000円で、主に講座会場費や運営費・資料の印刷などに充てられます。 ・研修会や懇親会など会員同士の交流も年に数回行っています。
会員数 ・127名(平成30年4月1日現在)
会則・規約の有無 ファイルを閲覧する

財務情報

過去のイベント

過去の募集情報